カテゴリー別アーカイブ: 日常考察

どうせなら、かっこよく消費しようぜ。

つい先日、23時頃に散歩に出かけました。PCを前に作業し続けるのにも疲れ、気分転換したかったのです。

どこに行くなど、目的はありません。少しのお金を持って、神泉あたりをぷらぷらして戻る、ただそれだけ。

ただふと気づくと、とあるイタリアンバルが、開業◯年感謝祭と銘打ち、破格で料理を提供していました。

僕は食べるつもりもなかったのに、値下げに反応してつい店内に入ってしまったのです。

このことが消費について改めて考える機会になりました。 続きを読む

ルーティーンワークをいつもと違う場所でやると、アウトプットに変化が生まれるのでおすすめ。

会社で出張に行くことが多く、新幹線によく乗ります。1時間以上も電車や新幹線に乗っていると、その時間をどう使うかでアウトプットが圧倒的に変わってきますよね。

僕は新幹線内で、会社のタスクをひと通り終わらせ、ブログを書いてみると面白いことに気が付きました。

家で書く時と、新幹線内では文体が違ったのです。それで感じたことは、「いつもと同じことを、違う場所でやる」と、新たなアイデアや表現になるということでした。 続きを読む

断食を始めようと思う方へ。2日して感じたことを、お伝えします。

ここ最近、少し太ってしまったのと、前からやってみたい思いが重なり、断食をしてみました。

たかだか2日なので偉そうなことを言う気は毛頭ありません。ただやってみて気づいたことや、少しでも断食のことを考えたことがある人に参考になればと思い、感想を残しておきます。

結論から言うと、断食で得られるものがかなり多くて、心からやってよかったと思いました。 続きを読む

そして、選択肢が多い社会へ。

「豊かさとは何だろう。」最近頭の中でこの問いがグルグル回っていました。どのような社会が望ましく、人々は幸せと感じるのでしょうか。

その暫定的な答えが、選択肢が多いことであると出たので、今日はそんなことを考えてみます。 続きを読む

自分の時間をあげたいと思う人と一緒にいよう。

好きなマンガの一つに、『鋼の錬金術師』があります。

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)

  • 作者:荒川 弘
  • 出版社:スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2002-01

いきなりですが、最終話近くでの、主人公が幼なじみに告白するシーンが好きなんです。

NewImage

「俺の人生半分やるから、お前の人生半分くれ。」

この時に放った言葉が、働き始めてからその重みを増してきました。
本作では恋愛・結婚に関して使われましたが、僕は仕事や遊びにも当てはまると思っています。

今日は限られた時間を誰と過ごすべきなのかを考えてみます。 続きを読む

「自分で考える読書」をするために心すべき、3つの言葉。

以前、友人と読書について話し合うことがありました。彼と一致した意見は、「読書は、著者の考えに手放しで賛成するのではなく、自分の考えや疑問を必ず持つべきだ」ということでした。

しかしそういった読み方は往々にして面倒くさい。書評ブログなどでも、無条件に筆者を賞賛する内容をよく目にします。

今日は「自分で考える読書」を実践するために、心したい3つの言葉を紹介します。 続きを読む

それは人生の一部を使ってやるべきことなのか。

現代では、僕たちの致死率は100%です。時間は有限。Time waits for no one.

仮に80歳で死ぬとして現在25歳なら、残り55年、481,800時間が残されていることになります。
1日6時間を睡眠、すなわち1/4を充てるなら、活動時間は361,350時間です。

そう考えると、本当に時間を考えて使わなければ、ダラダラと死んでいくんだなと感じます。

これから毎日することに対して、これは自分の人生の一部を使ってやるべきことなのかと、問い直してみることが大切だと感じたできごとがあったので、今日はそんなこと考えます。 続きを読む

一人暮らしで家に帰りたくなる最大の理由は、食事。

こんにちは。

いきなりですが、実家に帰りたくてどうしようもない時ってありませんか?僕は今モウレツにそうしたいです。笑

まぁ借りている部屋から実家は1時間位で着くので問題はありません。

僕が帰りたくなる時は決まって家のご飯を食べたいからなんですよね。今日はそんなことを考えてみます。 続きを読む

全てを把握する安心感。

こんにちは。

GTDを本格的に始めて4日が経過しました。取り組んで本当に良かったと、心から感じております。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

  • 作者:デビッド・アレン
  • 出版社:二見書房
  • 発売日: 2008-12-24

そう思うのが、頭の中にあることを全てシステムで一括管理することから生まれる安心感がハンパないからです。 続きを読む

GTDを実践!もう止められないと悟るほどの快感。

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

  • 作者:デビッド・アレン
  • 出版社:二見書房
  • 発売日: 2008-12-24

こんにちは。

昨日書いたコチラの記事(GTDを実践するために必読の3冊+1 | なめらかジャーナル)の通り、本格的にGTDに取りかかかっています。

早速、会社での仕事に取り入れてみました。結果から言うと、一つ一つを終わらせる快感がハンパなかったです。

今日は雑感を書いてみたいと思います。 続きを読む