スリランカでアーユルヴェーダを体験して気付いた「自分と向き合うこと」の重要性

会社を辞め、時間に余裕ができたので、以前から興味があったアーユルヴェーダをようやく体験できました。

ゆったりと2週間、スリランカでアーユルヴェーダを受けながら過ごしました。その中で、一番強く感じたことは「自分と向き合うことがメチャクチャ大切」ということです。

スリランカのアーユルヴェーダ

まずアーユルヴェーダの説明を。起源は古代インドで、今から約3,000年前に誕生したと言われる医学です。

サンスクリット語で、アーユス(生命)とヴェーダ(科学)を組み合わせて「生命の科学」などという意味になり、日々の健康から、いかにして幸福に生きていくかなど哲学的な内容も考えていきます。

僕はそのアーユルヴェーダを、2週間スリランカで体験してきました。
そこでの生活は、死ぬほど健康な毎日でした。

アーユルヴェーダでは、自分の生まれ持った体質を医師が判別し、それにあった食事を徹底します。その間、酒・タバコは一切NG。

食事だけでなく、排泄にも非常に重きを置いており、毒素を体内から出すために下剤を飲み、体質に合ったオイルを使用したマッサージを毎日受けます。

更に、おそらく一番有名な「シーロダーラ」という、額にオイルを垂らす施術をしてもらいます。何よりこれがすごい。本当にすごい。

シーロダーラの目的は、脳内を整理し、リラックスすることにあります。なので施術中は、様々な感情や記憶が出てきます。僕は寝る度に、小さな時からの記憶が夢として溢れ出てきました。

これが終わると、今までにないくらい頭がスッキリして、自分の考えを掴むことができます。医師との話し合いや診断を通じ、生まれ持った体質を知り、シーロダーラなどの施術により自分の本当の考えを思い出す。

そのように、自分と向き合うことができた2週間でした。

外と向き合うことが大切な時代は終わった

「自分と向き合う」。一見ありきたりな言葉ですが、これからの時代は本当に重要になると考えています。

高度経済成長期など一昔前は、外と向き合うことが重要でした。

なぜなら、そこには社会的な「答え」が用意されていたから。

大きな安定した企業に入ればずっと安泰。年功序列、年金制度が堅持されており、あとは会社内だったり、自分と接する限られた一定の人々との関係を維持しておけば大丈夫。

そのためには周りと同じような趣味・嗜好であったり、似たようなモノを消費していれば関係性はすんなりと維持・継続できていた訳です。

自分がどう思うかよりも、周りから外れないことが、最適な生存戦略だった時代と言えます。

これからは自分と向き合うことに熟達した人々が繋がり合う時代

一方、現在はそうではありません。よく「個人の時代」と表現されていますが、組織や場所に縛られずに生きていく人々が増えてきています。

ただ個人で生きていくためには、対外的に「自分は何者なのか」ということを、より強く表現してく必要があります。

もちろん組織内で仕事をしてくのにも、上記のことは大切です。しかし個人で仕事をして生きていくためには、組織内のソレよりも、もっと必要になってくるのです。

自分は何が好きなのか。何ができるのか。そういったことをハッキリと言える人々が、「これやりたい!」という思いの元に集まり、事を成していく。

そのためには、スキルや実行力など、高いレベルで必要とされます。それらはすべて、「好き」という気持ちや、「やりたい」という意志から生まれるはずです。

自分の中から「好き」や「やりたい」の種を見つけるには、常に自分と向き合い続けなければいけません。自分のことを考えないと、すぐに周りに規定された考えや行動に染められるからです。

だから自分と向き合うことが本当に大切なんです。

僕自身、興味の幅が広くて、何が本当に好きなのかわからないという悩みがあります。
飽きっぽいのもあって、ハマってある程度になったら次のことをしてしまう。

ですが今回のアーユルヴェーダを通して、自分の中でかなりクリアに絞れたと思っています。

最後に

「好きなこと・やりたいことが分からない。」そう思う人って、多くいます。

でも本当は、自分は知っているんです。

答えは外でなく、内にある。

ネットで検索をするのでなく、自分を詮索する。

そうやって自分と向き合い続ければ、必ず見い出せます。

いきなりスリランカに2週間とか行くのはハードルが高いという人がほとんどだと思うので、毎日5分でも自分と向き合ってみるといいと思います。

方法は思いを紙に書きだしてみたり、瞑想したり、なんでもいいでしょう。

子どもの時に楽しかったこと。これをやっていると時間を忘れているということ。そういうことをすることが、楽しく生きる方法であるだけでなく、これからの時代の生存戦略として有効なのは間違えありません。

んじゃまた。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket