月別アーカイブ: 2015年10月

世界で稼ぐyoutuberの動画をまとめてみた。

2,3日前に話題になった、世界の稼ぐyoutuberの記事。あまり動画はすぐ観れなかったので、まとめてみました。

参照:

続きを読む

旧友と会って昔話をするだけなら、いっそ会わないほうがいい。

先日、高校時代の友人と久々に飲みに行きました。当時の学ラン姿はスーツになり、時の流れは早いものだと改めて感じます。

旧友に会うと、必ず出るのが昔話。過去の話はとても楽しいものです。

でも昔話だけしても、意味ってあまり無いんじゃないか。今日はそんなことを考えてみます。 続きを読む

”当たり前”と”有り難い”を意識してみませんか。

昔から音楽を聴くのが好きで、せっかく聴くなら良い音質がいい!と思い、1年ほど前に奮発してBOSEのBose QuietComfort 20iを買いました。

初めてこれで聴いた時は、ノイズキャンセリングの性能に驚きました。購入してから、ほぼ毎日使用しています。

それだけ使用頻度が高ければ、壊れてしまうのも必然です。先日、とうとう断線してしまったので、修理に出しました。

今日は、修理に出したことから感じた”当たり前”と”有り難さ”について、考えてみたいと思います。 続きを読む

“いつまでに”を意識し続けることで、信頼される人になる。

先日、昔から着ているレザージャケットを修理に出しました。5年前に購入したもので、内側の布がぼろぼろになってしまったためです。

買った店舗に行き、修理をお願いしたところ、「いつまでに」修理費と修理完了日が伝えられるか分からないと言われました。

結果的には既に完了し、再び着ることができるようになりました。

しかし連絡を待っている間、僕は不安でした。

今日は、今回の出来事から感じた「いつまでに」を意識することの大切さを考えてみます。 続きを読む

それでも、僕がブログを始めた3つの理由

僕はブログの更新を4ヶ月弱、放置していた。理由はこちらの記事に記した通りだ。

参照:僕がブログの更新を4ヶ月放置した3つの理由

しかし、また始めた。その理由を整理する。

たしかに再開して日は浅いが、それでも心から良かったと感じている。もしブログだけでなく、何かやろうと決めたことを中断してしまっている人がいるなら、ぜひ気軽にまた始めてみると楽しいはずだ。 続きを読む

僕がブログの更新を4ヶ月放置した3つの理由

2015年6月27日の記事を最後に、4ヶ月弱もブログの更新を放置した。

ブログ運営している方で、なるべく毎日の更新を心がけても、なんらかの理由で実行できていない人はいないだろうか。

今回の僕はそうだった。しかも4ヶ月といえば相当長い間、更新をしていなかったことになる。

なぜ記事を書くことを止めてしまったのかを整理し、今後同じ状態に陥らないようにしたい。 続きを読む

論理学を学びたいと思ったら、時間をかけても取り掛かかるべき5冊

論理的な思考に興味を持った人は、『論理トレーニング101題』を始めの1冊にするべきだという記事を書いた。

参考:全ての学問の基礎となる論理学を学ぶ上で、絶対に読むべき最初の一冊は『論理トレーニング101題』以外ない。

正しい接続詞を考えて、文と文、段落と段落の関係を理解し、文章全体の論理構造を理解する演習をひたすら繰り返す。その鍛錬こそが、論理的な思考力を高めると著者の野矢氏は述べる。

今回は、『論理トレーニング101題』の次に取り掛かりたい論理学の本を5冊紹介する。『論理トレーニング101題』より難易度は上がり、面倒に感じると思う時もあるだろう。

しかし思考力の向上を目指していたり、学びたい分野の基礎的な力を付けたいと考えているなら、逆に近道になるはずだ。 続きを読む

全ての学問の基礎となる論理学を学ぶ上で、絶対に読むべき最初の一冊は『論理トレーニング101題』以外ない。

スポーツの基礎が足腰であるように、学問の基盤は論理的な思考力である。
では論理とは何か。それは物事の繋がりだ。そこで論理的な思考力とは、物事の繋がりを理解する力、ということになり得よう。

万学の祖と呼ばれる古代ギリシア哲学者・アリストテレスは「論理学があらゆる学問成果を手に入れるための「道具」(オルガノン)である」と述べている。

この言葉の妥当性をこの場で完璧に証明することはできない。しかし、自然科学分野として物理学、天文学、気象学、動物学、植物学、また哲学分野として範疇論、倫理学、政治学、文学と多岐に渡るアリストテレスの実績を考慮した場合、論理学の習得がそれらに関係していると考えていいだろう。

今日は論理学を学ぶ上で、非常に有益となる初めの1冊を紹介したい。それは野矢茂樹著『論理トレーニング101題』だ。

続きを読む