月別アーカイブ: 2014年7月

「愛するということ」を考える

もっぱら話題のアナと雪の女王をもうみなさんは観ましたか。僕は劇場で観て、最近出たDVDを姉が購入していたので再度鑑賞しました。

それで昔から考えていた「人を好きになること」に対してオラフというキャラがこんなことを言っていました。(ウル覚えですが雰囲気はこんな感じ)

愛とは他人のために何かをしてあげたいと思うことだよ。

そこでこの問題を考えるために、エーリッヒ・フロムの『愛するということ』を手にとったので、人を愛するということに必要なことは何なのかを考えてみましたので残したいと思います。 続きを読む

余裕を持って生きる

4月から働き始めて思うことは、1週間がとてつもなく早く過ぎ去ってしまい、精神的に「余裕が無い」ということです。

どうしたらある程度の余裕が生まれるのか、またどういった状況下では泡を食っているのかを考えていましたが、池波正太郎著『男の作法』を読んでいたら真意を突いている1節に出会ったので感じたことを書き記したいと思います。 続きを読む

あえてブログを書かない期間を作ったら精神的に辛かった。

先月の6月14日からブログの更新をしませんでした。仕事が忙しいのもありますが、その中で今回は”あえて”書かないでみました。そのような小さな実験をすると自分にどのような変化が起きるかを観察したかったからです。

結局、書かないと精神的に辛いということが改めてわかりましたので、感じたことを書き残したいと思います。 続きを読む