一個人の複数の役割と、それぞれの目標立てについて

4月になり、いよいよ新生活が始まりました。新しい環境に最初は戸惑う人もいるかと思いますが、一日でも早く慣れて楽しい毎日を送ることができるといいですね。

心機一転して目標を立てようという方々も多いと思いますが、実際にどうやって掲げればいいのかわからない、また今まで実践しようとしてきたけどうまくいかなかったという人はいませんか。御多分にもれず僕もそうです。

そこでちゃんと『7つの習慣』を読んでいたら、目標の立て方について書いてあったのでそれを残したいと思います。


一個人の”役割”を考える

1人の人間には役割が複数あり、まずはそれらを書き出すことが必要だとありました。例えば30代で働くパパであれば「父親・夫・男・会社員・上司/部下・自分の趣味・地域社会の一員・・・」などと自分を構成する役割をそれぞれ考えなおしてみるべきで、そのそれぞれでどのような成果を出したいのかをまとめてみましょう。

それぞれについての目標を立てる

上記の例であれば、

1.父親として子どもには尊敬される存在になる

2.夫として妻にプレゼントを買ってあげる

3.男として体型を維持し、かっこよくあり続ける

4.会社員として、来月のプロジェクトを成功させる

・・・

などと役割別に実現したい成果を掲げてみると、集中するべきことが鮮明になってきます。そのように目標立てをしましょう。

具体的な行動をスケジュールに入れていく

役割ごとの目標を立てたら、後は具体的な行動をスケジュールに入れて実行していくのみです。日程を立てていく際、大切なのは週単位で取り組んでいくことだとあります。

なぜなら人間生きていれば予想外の出来事が突如入ったりするため、スケジュールにはある程度の余裕を持つことが重要であり、それを可能にするのが週単位であると。

上記の例であれば

1.週に3回、寝る前にはは子どもとゆっくりと話す時間を設ける

2.土曜日の午前中には妻が喜んでくれそうなプレゼントを探して購入する

3.毎朝30分のランニングを欠かさない

4.対象となる市場調査をまとめて報告書を作る

・・・

という感じでしょうか。

最後に

特に新入社員として働く人々に伝えたいのは「頑張り過ぎない」ということです。真面目な人ほど一度にすべてをやらなくてはいけないという完璧主義になりがちで、その結果本来のパフォーマンスを発揮できないということが往々にあるような気がします。まして鬱などになってしまったら元も子もありません。

僕も上記のような目標立てを今まで実践し続けてきたわけでなくこれから始めようと考えている段階で、今後も自分に合い続けるのかということもまだ定かではありませんが、とりあえずはやってみようと思います。

何か参考になれば嬉しいです。

んじゃまた。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket