何度でも読みたい『入社一年目の教科書』

4月1日から新社会人として働く人々、如何お過ごしでしょうか。僕も大学を卒業してから1年が経ち、このタイミングで就職をしました。

新生活への期待と不安に胸を膨らませ、自分のなりたい人物像へ向けた努力や日々の行動をしていくことは学生でも働き始めた人でも変わりないと思います。

働く理由は人それぞれだと思いますが、この岩瀬大輔著『入社一年目の教科書』では人よりも早く成長したい人に向けて50の守るべきポイントが書かれていて非常に示唆に富んでいました。岩瀬さんというと「東大!コンサル!MBA!経営者!」と生まれた時点で才能があったように思われますが、本人は「自分は学びが早い方ではない」と仰っていたのを覚えています。(ご謙遜されている点もあるでしょうが)

本著で再三強調されていた点は”人から信頼されること”だったと思います。成長するためには様々な経験を蓄える必要で、そのためには仕事を任せるに値する人間にならなくてはいけません。岩瀬さんは働き始めてから死守してきた3原則があり、今日まで守ってきたことが自身のビジネスマンとしての成長を早めたと書いています。今回はそんな3原則を僕自身の戒めも兼ねて記事にしたいと思います。

頼まれたことは、必ずやりきる

新入社員の能力は、先輩社員に比べて分析力や論理的思考力その他に比べて劣っていることは仕方がありません。そのため一見煩雑で作業的な仕事を多く任されることもしばしば。

しかし一度頼まれたら、途中で投げ出さずにやり通すことで、次回以降にはもう少し幅が広がった業務を任せられると書いています。

このように、やりきる→新たな業務を任せられる→再びやりきる というサイクルが自分の中に経験値を積み立て、ビジネスマンとしての成長を加速させるものだと。

とにかくガンガン仕事をしましょう。まずは質より量ですね。

50点で構わないから早く出せ

自分の中で100点だと思っても、経験豊富な上司や先輩社員にしたら取るに足らないモノになりかねません。なので、新入社員に大切なのはいかに早く100点に近いアウトプットを生み出すやり方を学ぶことです。

そこで自分でした仕事を50点でもいいから提出し、ドンドン赤ペンを入れてもらったりダメ出ししてもらう。

そうして再構成してより完成度の高い仕事へと昇華させていく。分からないことについてはまず自分で調べて、それでも分からなかったら上司に遠慮無く聞いたりしましょう。なんでも経験値を貯める事が大切ですね。

つまらない仕事はない

ただの単調作業であっても、必ず効率的に、見た目よく、自分なりの工夫をして取り組むことはできます。ゲーム化・仕組み化してその仕事を楽しむことで、退屈だと感じていた雑務がクリエイティブだと感じれることは往々にしてあると思います。

むしろなんでも楽しめる能力は非常に重要で、自分の心持ち一つで世界は変わって見えますし、それを忘れてはいけません。

自分なりの付加価値を付けるため、つまらないと思うような業務を一変させることに注力し、根本的な改善を遂行できたらおもしろいと思いませんか?

その他に

上記の3原則に基づき、50の具体的な指針が示されています。中には「朝のあいさつはハキハキと」など、当然だと思われているようなことを書いているかと思いきや、「目の前だけでなく、全体を見て、つなげよ」など経営側的な視点を持つことの重要性にも言及しており、どれも腹に落とし込み実行して行きたいと思うものばかりでした。

知っていることとそれを行動に移すことは全く異なり、また難しいところです。一度に全てはできなくても、一つ一つ実体験を通してその重要性と効果を体験して、自分の目指すべき人間になりましょう!

また、ビジネスシーン・ビジネスマナーなどとよく言いますが、ビジネスしていくために必要な「信頼」とは、なにもビジネスだから必要なわけではありません。

それは一人間として大切なことであり、人から信頼されるために約束を守ったり、ハキハキ挨拶したりすることは当然です。

なので、ビジネスマンとして成長したいのであるなら、日常の小さな心がけ一つから変えてみることが第一歩なんだと気づかせてくれました。

んじゃまた。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket