完全自分用『やる気が出るコツ、続くコツ』メモ

ブログ更新を開けてしまった・・・

ブログの更新を途絶えさせてしまいました。気を抜くとすぐに怠惰な方向へと流れてしまいます。どうしても自律した生活を送ることができず、ダラダラとしてしまい進むべき方向性を打ち立てられずにいます。

どーしても何事に対しても無気力になってしまっている・・・という今の心境から脱したいと本棚から3年くらい前に買った和田裕美著『やる気が出るコツ、続くコツ〜わかっているけど動けないあなたへ』を引っ張り出したので読書メモ的にフレーズを残しておきます。

 

抜き出したフレーズ

・「は〜やるきでない」とじっとして人生の時間を過ごすのは、まさにもったいないことですよね。

・私達はみんな今、目の前にある条件のもとで、橋をつくってそれを自分の未来につなげ、自分の足で渡るしかありません。

・とにかく動くことだよ

・”動かないと余計に動けなくなる”

・なんでもいいから「動くのです」

・やる気が出るから動くのではなく、動くからやる気は生まれるのです。

・なんにもしないとなんにも出会えないってことだよ。

・「できるようになる」ことを目的にせず、「経験してみる」ということを目的にしています。

・どんな結果も、「経験出来たかどうか」という観点から見れば「成功」です。

・人が一歩進むことができる要因は、未来へのわくわくから生まれるからだと思います。だから、結果を気にせず、完璧でいようとせず、自己概念を変えたら、自信を持って前に進めるし、何より自分の可能性をじわじわと感じてわくわくできると思うのです。

・大切なことは、変わるためのアクションを自分から起こすことです。そのために「変わりたい」と自分自身で本気で思うこと。変わりたいということを人に言うこと、なんでも素直にやってみることです。

・「自己規律」、これは自分で守るべき規則です。

最後に

このように抜き出してみると、たしかに普通なことを言っているだけと思います。しかしながら、無気力に陥ってしまうと当たり前のことを当たり前にできなくなってしまうんですよね。

何かをしなければ状況に変化が生まれないとは頭ではわかっていても、身体が動かない。生活する目的がないから、朝だって起きれない。そんな時にこれらを見返して、何でも動くことを忘れないでいたいものです。

今回、特に心に留めておきたいことは①困ったら動くこと②とにかく経験を広げること③それが好きだったら淡々と続けること、でした。

それではまた。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket